Home > 店内画像 Archive

店内画像 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

1fサイン模様替え

午前4時半から。




































6時には完了、7時には撤収。

メンテナンス

連休前後に、ちょいちょいと模様替えやら手直しやら。

そもそもが、おそらく私と同い年くらいのアンティークだったこの椅子たち。引退したつもりが遠く日本へ連れてこられて、以来十数年酷使されてきたロートルたち。
うち傷んでいた二脚の座面を張り替えました。
いざやってみたら30分仕事でした。

驚いたのは、てっきりデンマーク製だと記憶していた彼らは、裏返すと、はっきりルーマニア製やと刻印がなされてありました。失敬。







トイレの落書




















































おまけ



あれやこれやはいつぞやのなにやらでもありそうでもなく据膳
































































































































オリーヴの花

一階のオリーヴが、四年目にして初めて花を咲かせました。

椅子が替わりました

イタリア北東部のeffezetaというメーカーのダイニングチェアです。

納入一週間ですが、
入れ替わっても気付かない方は気付かないものなんですね。
カウンターの三席+一席分です。
店の雰囲気に馴染んでいる、
といえるのかもしれません。
座り心地は格段に良くなっています。
お試しください。

もっと先鋭的なデザインも考えましたが、ここはひとつクラシックな物としました。
背もたれのモザイク模様と曲線、気に入ってます。










インスタグラムのフィルターで、
ちょっと画像を遊んでみました。

1周年パーティ写真ギャラリー

当日までの1週間がまあ例をみない様な成行きで、
営業上において朝日をみながら帰宅することその半数、前夜も明け方まで仕込んで、
なぜこう辻褄がわるいのか、
私にとっては大晦日に等しい今年最大のビッグ・イベント、
日本シリーズ中日-ロッテの第6戦の録画を観ざるを得ず。
なぜ観ないといけないかというと、ロッテが王手をかけていたので、
パスして第7戦の録画予約をする時点で、シリーズの行方が判明してしまうから。
しかもフジテレビが解説に、私が最も敬愛する野球人である野茂英雄氏を招いているとは。
おいそれと早送りもできないではないか。
そしてやっていました、6時間近い世紀の大延長戦…。

第7戦の録画を予約して、漸く横になりました。
裏手の小学校から季節外れの体育祭、行進曲の轟音が…。
「アーアー、テステス!!!!」
延々と続くおじさんのマイクテスト。



どうにか16時入り。
準備開始。











DSC_0035.jpg



DSC_0025.jpg

鴨胸肉焼き続けること約5kg。



DSC_0026.jpg

ムール貝など練りこんだエストラゴン風味の魚介のポレンタ2kg(なくなりかけ)。



DSC_0073.jpg

生ハム1本セルフ食べ放題。


その他野菜段ボール2箱分からパンから鱈とポテトとレンズ豆のパテ2kgからローストした豚2kgが、
すっとことと皆様の胃袋に納まっていった次第。
ほぼこの日限りの初出メニューづくし。
何をどれだけ食べても千円。


DSC_0049.jpg








DJ陣を別にすれば、今年はシンプルにやりたくて、唯一組お願いした生演奏は、
彼らをおいて他にないjew's-ear。

男前5人集のポートレイト。


DSC_0154.jpg


DSC_0104.jpg


DSC_0118.jpg


DSC_0109.jpg


DSC_0112.jpg





私の頭上に年に一回この日だけ降りて来てもらうことにした小鳥。

DSC_0232.jpg




黙々と調理し続け激憔悴(これでも一番まともな画像…)。

DSC_0223.jpg



DSC_0253.jpg

終盤、京都から仕事終わりのカメリエーレ(超ハンサム)も手伝いに駆けつけてくれーの、

DSC_0229.jpg





DSC_0224.jpg


この一年皆様に感謝のお見送り。



そしてすべてこれらの写真を撮り、内装の壁色と同色のアルバムとともにCD-Rに焼いてくれたGくん、
公開は差し控えさせていただきますが、当日おいでいただいたおよそ60名ほどの方々、
ご都合により当日はお越しいただけなかった皆様に心より御礼申し上げます。



IMG_0948.jpg



IMG_0958.jpg



IMG_0960.jpg



IMG_0961.jpg



IMG_0962.jpg









DSC_0093.jpg


リャマアラマ

c0218775_138506_20100518071609.jpg

c0218775_284618_20100518071426.jpg

c0218775_0321617_20100518071426.jpg



http://llamafac.exblog.jp/13752470/



今冬書いてくれてたのでお返しをば。

ええ男です。
相対的に根拠なく人を上から見る(笑)、との自他評ですが、
実のところは本分がきちんと謙虚でしっかりと自我のある、ただの愛らしいテンパーです(笑)。
営業手腕は私の15人前あります。
私の独断だと、彼は大は大なりに、しかしちいさな作品ほど丁寧にちいさな神を宿します。
彼が1点1点作る木製の名刺ケースにどれだけの人が魅かれるか。


かつて余興パーティで、ベースとギターで遊んだことがあります。
本番1週間前に仕事で指先を刃でスパッとやってても当日どうにか弾く男です。






http://llamafac.exblog.jp/13202573/


おいおいと馴染んできました。
このテーブルはなかなか熟成仕様のようです。
数年後も楽しみ。

彼がいつあの狭小な風呂から出て10帖のバスで葉巻を吹かしているか。
頃合いなら鳩山内閣の失脚といい勝負ではないか。
大正では、たとえば鳩山氏おらぬ頃には、秋友がそのSOHOの実質的頭領であって全く然るべき、
と、たとえば私が思うのは私の勝手である。

まちがってそんなことになったら苦労だから、望まない。
普段どおり来て飲み食いして、ぽつぽつ新作を披露して、こつこつ物を作って、
そのうち嫁のひとりやふたりでも貰いたければ貰ってくれたらいいと思う。


http://llamafac.exblog.jp/




※書いた本人(私のことです)が翌日、タイトルに首をかしげ、
なぜアラマなのかと…

…ああそういえばバナナラマみたいな言葉が脳裏を掠めたな…と。
ひどい。
したたかに飲んでたとはいえこれは始末書もの。


照明だけ




あるていどカメラの質が上がると広がる。

Index of all entries

Home > 店内画像 Archive

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。