FC2ブログ

Home > 2010年05月07日

2010年05月07日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

書架1

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-05-07 Fri 08:17:29
警察(サツ)回り (ちくま文庫)警察(サツ)回り (ちくま文庫)
(2008/12/10)
本田 靖春

商品詳細を見る



手持ちは平成元年の新潮文庫版、
カバーは長友啓典+K2(断然こっちがいい)、
解説は黒田清。
20年経って、黒田さんも本田靖春さんも鬼籍に入られました。

ちょうど警察回りの常連さんがおり、
そういえば、かつて本田さんについて、互いに承知なのに驚いて、
氏についてはそれ以来不出。
数多の著作の中でもストライクなので、
これと「新聞記者の詩」というのを、ひょっと未読なら、
と思い、先日「(段ボール)箱入り娘」から出しておいた。

警察にも記者にもわたしはとくに興味なく、
集めたのは発端は忘れたけど、本田靖春という人物。


最初は「疵―花形敬とその時代」だったかな。
疵―花形敬とその時代 (ちくま文庫)疵―花形敬とその時代 (ちくま文庫)
(2009/08/10)
本田 靖春

商品詳細を見る



あれから20年経っても、
この時代にこういう本を現行で世に出している(検索前は絶版濃厚と思っていた)ということに、
出版人の心意気を感じました。
大して売れるはずないのに。




この人の騒いだ文章を読んだ覚えがない。
常に恬淡と綴られる。
なのに情はある。
情がある。
機微もある。
必ずしも名文家ではないと思う。
もちろん悪文でもない。
解説で黒田氏が書いている。
「一緒に飲むと午前三時、四時となる。別にむつかしい話をするわけではない。いわんや昔を懐かしんでぐちるではない。ただ、なんとない話をしている楽しさがある。」


今気づきましたが、この黒田さん名文家だな。
大人の酒席。
一度でいい、末席で飲んでいたかった。





写真写りはいい

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-05-07 Fri 04:59:21
  • ワイン



連休最終日、連休明け用のワインを仕入れに、
直接日本橋のフジマルさんにおじゃまして来ました。
たまたまNさんいてはったので、赤白十数種さくさくと発注。

「謎」の1本。
ACHILLE。
ピエモンテのよう。

後日検討(現行で情報薄)ということで写真だけ撮らせていただいたのですが、

こう見ると、なんか後ろに金将のように2本、
たまたまヴォドピーヴェッチの『ヴィトフスカ』を従えて、
http://www.rakuten.ne.jp/gold/yuhara/mail_050512.html
(中盤以降に、輸入元のヴィナイオータさんコメントあり)
かっこいいではないですか。

気になってきたなあ。


『ヴィトフスカ』は仕入れてあります。
例の、夕陽系の白の部類。
飲み手は選びます。
口中に流していただくに、おおきめの概念を要する白。
はっきり言って料理は合わせづらい。
酒そのものが多次元で重層なので、
鶏以外の鳥類に気の利いた滋味を重ね着させるのが、
調理としてはベストなのかなあ、との今のところの判断ですが、
だとするとこれからの季節ではない…。
ヴィトフスカ、ラベル画像後日追加しときます。
名実共に、ああ男、ってかんじの白です。
1998で、充分熟成してますし。
削ぎ落としきった役づくりの際のアル・パチーノというか…。
いや、寡黙なジョン・タトゥーロかも!


ただ、




松崎しげるじゃん!


おおきめかちいさめかわからないけど、
そういう概念も通用する、かとも、思います。


美しい人生よ♪









ハイパーメディアクリエイター両面 Tシャツ

Index of all entries

Home > 2010年05月07日

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。