Home > 2010年07月

2010年07月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

いちじくのサルティンボッカ



お待ちどおさまです、たまに真冬にでもあれ食べたい、ないか、
と問われます、んな無茶な。

数年前ふと思いついて以来、好評なので、
レシピ的には素朴に過ぎるものの、
毎年これからの時季、秋口まで外せない定番となりました。
(いちじく嫌いだった人が、これ食べていちじく好きに。
年間を通じてどなたかに時折何らかの食材において、こういうひっくり返しが起きます。
これはうれしい。料理者として全く冥利に尽きます)

肝心なのは火入れ加減だけです。
半割の無花果に生ハムをくるり、粉を叩いて白ワイン、セージ、バター。
本当に単純な3コードの楽曲のようなものですが、
(THE BOOMにとっての「星のラブレター」みたいなもんじゃないかと、
勝手ながら。…触らずにあのまま演ることがお客様の満足だし、充分。
ベテラン・ファンの振付けが乱れては台無し。これは余計)
私の中では初心であり原点のひとつ、愛着のある懐かしい皿です。
今夏もメニューに載せて、歓声とともに指差して頂けたことは有難き幸せ。



旬の鯒(こち)と無農薬果菜根菜のインサラータ



夏美味しい魚はいかんせん種類が限られるので、難儀します。

鯒は母方の祖母の好きな魚です。
祖母は香川丸亀の女で、魚屋へ嫁ぎました。
トツギーノ、母が産まれーノ、愚息出来ーノ、流れ。

そうか、祖母は私にとっては「飯野のばあちゃん」だったが、
瀬戸内の魚屋の家内だったわけで、
なるほど、鯒は何物かの魚の気配がある。
生、蒸し、焼く、煮る、如何様にも勝手良く味わいのある魚かと。

祖母はどうして気に入ったのだろうか。
訊いてみたいが九十を超えているはず。
通じるだろうか。


朝方の四ツ橋筋



実はずっと奥まで、
もんもんもこもこの、ビルなんです。

お休みのおしらせ




毎週月曜は定休、


7/27(火)
-メンテナンス

8/12~15(木~日)
-盆休

です。


あと、7/30(金)のみ21:30まで貸切御予約、それ以降通常の営業となります。


いやぁ猛暑が炎々と続いています。
ご無理なさらず、
気が向いたら、涼しい葡萄酒や滋養の皿を、
お召し上がりにおいでくださいませ。



※画像は、故中川一政画伯の金魚だったかしらん。


涼しそう



最近はyou tubeもこんなクオリティなんですね!



サルデーニャ風クロアナゴのテリーナ



クロアナゴはアナゴとずいぶん趣の異なる魚です。
体色がまず全面的に黒いのと、でかい。
うちで一番でかい俎板の端から端まで使って捌く。
でかいくせに小骨が多い。
なのでフリットでなければ、鱧のように骨きりか、めんどくさーい骨抜きが必須です。
身は、アナゴのふっくらに対して、しっとりというかんじ。

それを赤玉葱と、戻した乾燥青えんどう豆、
あとなんか挟んだかな(?)、
月桂樹の葉でクロアナゴを茹で、滲み出るコラーゲンで冷やし固め、
どういうわけか伝統的にペコリーノ(羊のチーズ)が好く合う。


生マッコリ

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-22 Thu 07:53:28
  • ワイン


ちょっと前に、韓国舞踊の方から、お土産に戴きました。
賞味期限は1週間とそこらです。
最近伸びてきているワイナリー、じゃなかった、酒造メーカーだそうです。


IMG_0418.jpg

なんかいい画だったので、くれた人たちの腕4本。


IMG_6807.jpg

ほんとは茶碗のような器で飲むらしいですが、
なかなか-わしら米からできとるけんの-というワイルドな香りだったので、
こうしてみたりしました。


なんやかやで、こうして毎晩酔う。


映像2態

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-22 Thu 07:39:37
  • 映画
とくにあれなので、
万一然るべきところからお叱りが来たらいつでも削除致しますが、
とある深夜に対照的だった2態の映像。




こちらは現在のドイツのとあるニュース番組のセット。


意図せず直後に古いVHSをデッキに入れてみたら小津映画のシーン。

IMG_0461.jpg

IMG_0462.jpg

IMG_0463.jpg

IMG_0464.jpg



MLBオールスター

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-15 Thu 03:13:49
  • 野球
あのスタインブレナーが亡くなった、と知り驚いた。
人間もいつか死ぬが、NPBならナベツネの8倍くらいの翁だったので、
だったら不死身かと勝手に存じ上げていた。合掌。
国歌前に黙祷される扱い。
ちなみに私はアンチN.Y&Y.G。
ここに書いてどなたの関心を得るかまったく覚束ない。
ちなみに女子的にアンチ・イチロー、は割合都度お聞きしますものの、
彼は不世出のヒッターです。
日本人であれなかれ、10年連続の先発オールスター選出は、
誰のたばかりではない、実質の栄えある栄誉。

先発は-「ふたりともエイって投げるタイプです」-解説長谷川氏。



あほみたいに雨が降るので北九州の小倉なんかは泥川になってるようです、
神様、もうちょっと地球に愛を。




カノーの守備はいつもそう(笑)

プライスは一昨年より、ずいぶん痩せたんじゃないか。



興味深かったのがヒメネスのツーシームの握りの映像。
人差し指中指に対して、親指の腹で押えるのでなく、
親指がほぼ薬指に接するまで入り、親指の第一関節の人差し指側にタコができていること。


ペティットが9年ぶり3回目は過小評価。
40歳初出場のアーサー・ローズはただただ拍手。
スイングが最も美しいのはイーシアー。
一流投手の外角高目直球決め球はイチローは打てない。
ボストンのオルティーズがHR競争のトロフィーを故ホセ・リマに捧げていた。



岸和田産穴子のロートロ、カルピオーネ




旬です。

今度、違う穴子(俗にクロアナゴ)の画像アップします。




そうそう、松の実って不作で今年高いんです。



続・CD整理

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-12 Mon 08:15:42
  • 音楽
本日は決勝戦。スペイン対オランダ。
両軍よく転がっています。


さてまたジェンガ。


ヴィラ・ローコス~プレイズ・ヴヴィラ・ローコス~プレイズ・ヴ
(1997/08/21)
シロ・バプティスタ

商品詳細を見る


Cyro Baptista/vira loucos

おっと、いきなり妖しい名盤ですね、まだ現行で入手できるんだ。







MULLIGAN MEETS MONKMULLIGAN MEETS MONK
(2009/03/07)
GERRY MULLIGAN/THELONIOUS MONK

商品詳細を見る


GERRY MULLIGAN/THELONIOUS MONK

心地良いでいす。




(前半で黄札5枚でいす。足裏で胸蹴り含む)









Mad About the BoyMad About the Boy
(2003/01/06)
Cybill Shepherd

商品詳細を見る


Mad About the Boy/Cybill Shepherd

一応。










ギャル・ウィズ・ア・ホーンギャル・ウィズ・ア・ホーン
(2007/08/22)
クローラ・ブライアント

商品詳細を見る


Gal With a Horn/Clora Bryant

なかなかなタイトルですね。歌とトランペットをこなす、
ちょっとめずらしい黒人女性のアルバムです。


(後半開始)









枯葉枯葉
(2010/01/27)
ドン・ランディ・トリオ

商品詳細を見る


the don randi trio/where do we go from here?

これ日本だけで人気盤なのかしら。
2曲目のwaltzing matildaが至福です。









Wonderful World of Antonio Carlos Jobim (Jewl)Wonderful World of Antonio Carlos Jobim (Jewl)
(2006/08/01)
Antonio Carlos Jobim

商品詳細を見る


Wonderful World of Antonio Carlos Jobim/Antonio Carlos Jobim

20世紀のマスターピースの1枚。



(おおー、1対1の決定的シュート。入らず)








Song BookSong Book
(1993/03/21)
Booker Ervin

商品詳細を見る


the Song Book/Booker Ervin

結構好きな人。








Giants of the Organ Come TogetherGiants of the Organ Come Together
(2004/06/29)
Jimmy McGriff / Richard Groove Holmes

商品詳細を見る


Giants of the Organ Come Together
Jimmy McGriff / Richard Groove Holmes

これ、新品で安すぎます。買いです、オルガンでデュオ。








That's the Way It Should BeThat's the Way It Should Be
(2007/03/13)
Booker T & The MGs

商品詳細を見る


That's the Way It Should Be
Booker T & The MGs

これを聴くと夏が来るようです。
やっつけ感満載のカバーなのになんともすてきなしっくり感。
(どうしても欲しいというgくん、売ってるじゃん!)









アウト・オブ・ザ・ストーム(紙ジャケット仕様)アウト・オブ・ザ・ストーム(紙ジャケット仕様)
(2004/12/15)
エド・シグペン

商品詳細を見る


Out of the Storm/ed thigpen

手持ちはUS盤だけど、なんにしても廃盤でええ値になってますね。
この10年、ピンと来なくて、何度も売る寸前で置いておいた1枚。
先日聴いてようやく、あ、ええやん、と。。



(またロッベン)








Sense of DirectionSense of Direction
(1992/02/17)
Walt Dickerson

商品詳細を見る


Sense of Direction
Walt Dickerson

うわ、これ13,000yen以上の値を付けてますね…
vibってこの時期とても気持ち良いです。



(あぁサッカー見てるサラリーマンの方はそのまま出社の展開だなぁ…
私は終わったら寝る。おつかれさまです)








プレイズ・フォー・プッシーキャッツ(紙)プレイズ・フォー・プッシーキャッツ(紙)
(2003/03/26)
クインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る


quincy plays for pussycats

変ですよ。
でも未だに新鮮味あります、
トランペットと琴のブルース、とか。
サティスファクションも好き。




(NHKですが、もう実況と解説が我を失いかけています。嬌声と感想)








Byrd in ParisByrd in Paris
(2010/06/22)
Donald Byrd

商品詳細を見る


Byrd in Paris
Donald Byrd

これはかつて入手困難だったかと思いますが、
現在は容易に入手できます。








御大で〆ましょうか、


Moving OutMoving Out
(1990/10/17)
Sonny Rollins

商品詳細を見る


Moving Out
Sonny Rollins

そしてmonk。
いい黄色。



(さて2010最後のサッカーを堪能します。黄札や赤札出まくる攻防)




CD整理

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-08 Thu 05:43:33
  • 音楽
WCスペインvsドイツちら見しつつ。


なんやかやで毎日5枚以上は棚から引っ張り出すので、
数週間経つと床に幾つかの危険なジェンガが出現。


せっかくなので、片付けながら、あらためて最近良かったものを。


抱きしめたい抱きしめたい
(2008/06/25)
グラント・グリーン

商品詳細を見る


grant green/i want to hold your hand

ふつうにきもちいい。
オルガンがlarry youngでドラムがelvinだったりするのだけど、
聴きやすすぎるくらい。
タイトル曲はビートルズのあれ。


(エジルの面構えは21歳には見えない)




Midnight Without YouMidnight Without You
(1997/05/20)
Chris Botti

商品詳細を見る


chris botti/midnight without you


三十路の女子が「まあイケメン!」と騒ぐトランペッター。
歯の抜けていないチェットに軽いムードを足して色気を減したかんじ。
そう、イタリア・ワインでいうとクラシコでないキャンティとか。
何が良いかは、blue nileのpaul buchananのゲスト参加。
mixとengineeredはkevin killen、懐かしい人には懐かしい名。




(ワールドカップ優勝賞金は1位27億円-1ドル90円換算-、
2位21.6億円、3位18億円、4位16.2億円とのこと。
安いな)




Warm MoodsWarm Moods
(2005/01/25)
Ben Webster

商品詳細を見る


ben webster/the warm moods

1曲目のイントロで幸せ。



(スペインが決定的チャンスを…)




ドリームランドドリームランド
(2005/08/10)
マデリン・ペルー

商品詳細を見る


madeleine peyroux/dreamland

1stアルバム。
彼女が好きならこれは聞いてほしい。
バックが、
marc ribot,vernon reid,james carter,cyrus,greg cohen,他半端ない。




Ray Charles & Betty Carter (Gold Series)Ray Charles & Betty Carter (Gold Series)
(1994/01/21)
Ray CharlesBetty Carter

商品詳細を見る


ray charles and betty carter

ずっと廃盤です。
CDでもレコードでも見つけたらすぐ買ってください。
再発ない限り一生見当たりません。
この「ev'ry time we say goodbye」が世界最高のver.です、
と、高校時分にピーター・バラカン氏に教えてもらった。



(点が入った)




AL HAIG(HQ-CD)AL HAIG(HQ-CD)
(2009/06/17)
Al HaigAl Haig

商品詳細を見る


al haig quartet

ジャケからしていい。
’95の帯には、
-本邦初登場、ファン待望の超幻の名盤!
 アル・ヘイグのジャズ・ピアニズム芸術の最高位を示める孤高の名盤!-
だそうです。



(あら、サッカー終わりました)



ジェンガまだ3棟ほどあるのに。。




魚卵のテリーナ




テリーナ、は伊語でテリーヌのことですね。




鮮度の良い天然の魚卵をまとめて入手したので、6月中思いつきで作った物。
赤みの濃いのがキンメの真子、
中心部が鱧の真子(淡いので、アラから摂ったブロードを含ませてある)、
手前が真鯛の白子。
濃い緑が青葱を焼いた物、
半透明の部分はヒラメのブロードと玉葱のピュレをゼラチン状にした物。


それでもキンメの子は余ったので、今からすみへと熟成されています。


babyface

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-05 Mon 07:33:16
  • 音楽



U2/PVもlive映像もなかった。(ラリーばっかりの画)
意外。


桃はエロいなあ(笑)

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-01 Thu 03:42:56















こんなんありましたね。


鮫肌男と桃尻女 [DVD]鮫肌男と桃尻女 [DVD]
(2000/03/31)
浅野忠信小日向しえ

商品詳細を見る


絶妙のキャスティングでした。
なかでも岸部一徳、我修院達也。


先週の新着ワインたち

  • Posted by: cuocovu
  • 2010-07-01 Thu 03:35:37
  • ワイン
IMG_0374.jpg

約30本、約20種。
どれがどなたの口腔から胃へ流れてゆくことやら。


Index of all entries

Home > 2010年07月

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。