Home > 2011年02月

2011年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

リストランテの夜

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-02-15 Tue 06:08:13
  • 映画
米映画ですが、共同で脚本を書いて撮ったのは弟役のイタリア系俳優のようです。
料理に縁のなかったおよそ15年前にこんな小品をなぜ観たのか、
今はもう記憶を辿る術はありませんが、いつか観直したいと思っており、あらためて佳作でした。

うち、後半花火のように供出されるパーティー皿。
説明が一切ないので、画面から想起できる範囲で。



葡萄のソテーではないかと。
秋に時折、私は揚げますが、果実に火を加えるという手法。




なにか鳥類をローストした物のようですが判別は能わず。




右の皿はビーツにサルビアですね、簡素なのにインパクトのある皿です。
左は大蒜のようにも見えるのですがちょっとよくわからない。




サーモンの丸焼き。レモンの並べ方が乙です。




アスパラガスとブルスケッタ。




アーティチョーク(カルチョフィ)とラディッキオかな。





子豚の丸焼き。


コースはこの前後、スープにはじまり大皿パスタ、三色リゾット、ドルチェでした。
シェフはボローニャ出身という設定。

二月の営業日お知らせ等

11(金)が祝日ですが、ここは営業致します。
で、恐れ入りますがちょっとごぞごぞするので、
残りの二月は毎週月火がお休みとさせて頂きます。


本日母から宅配便が届きました。
自家栽培のローズマリー、じゃがいも、手作りの器が何点か、
生うどん2kg、あと写真の物。






ゆず?
小えび?
どこが小えび?
いや、これは、あれか、
ゆずのようでゆずでない、ちょっと小えびなゆず、
とかの類いか?
むしろ、何らかの新しいすだち?
小えび?

なかなかに虚を突かれて動転した。


a:庭のゆずをもいで「小えび」の空き袋にきちんと詰めた

Index of all entries

Home > 2011年02月

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。