Home > 2011年09月

2011年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

酔った勢いで。

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-09-27 Tue 02:25:08
  • 音楽
ポチっと。

カヴァーズ&レアカヴァーズ&レア
(1994/01/25)
アズテック・カメラ、エドウィン・コリンズ 他

商品詳細を見る


もう洋楽を卒業しかけていた時期なので、
アズテック・カメラさんの印象はほとんどないのですが、
何かのコンピに入っていた、とあるカヴァー曲がずっと忘れられず、
先日夜更けにひょいとメロディーが口をついて出たので、
20年ぶりの記念ということで。






オリジナルを、敬愛してるんだかなめてるんだかわからない、
とても素敵なバラッド。
後半のギター・ソロの可笑しさといったら。



一応オリジナルを。

van halen -jump




こ、こんなにすごかったのか…


最後の笑顔がかわいい。。

わりと大切なおしらせ

今後の休店日のおしらせです。

まず本日9/23(金・祝)は営業致しております。
9/25(日)はお休みです。

で10月より、
基本的に日曜と月曜が連休となります。
で月2回目安で、日曜には何か催事が入ります。
(たとえば10/9-能、10/16-jew's-earなど)

催事のご案内は随時こちらのブログでご紹介して参ります。
そろそろ気の利いたお遊び解禁、して参ります、おたのしみに。





ほんじつご紹介戴いた…猫らの画像記事。
http://labaq.com/archives/51701365.html

いや皿に突っ伏して寝てる子猫は初めて見た。


能の催し








観世流シテ方の多久島法子さんが、
やりましょうよ、
ということで、
やりましょうよ、
ということで。

舞のスペースを要するので、
申し訳ございませんが先着12名様、
要予約でお願い致します。

どういうかんじなんですか、
というご質問に、

ー目の前で関取がシコを踏んでくれるかんじ?

と私はお答えしておりますが、
それでは彼女に甚だ失礼かしらん。
それに勝る値打ちはあるのじゃないかしら。

今般の自家製オイル

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-09-17 Sat 05:36:28


沖縄の、肉厚で旨みの濃い島唐辛子を漬けて。





えー、私の母方の祖母の夫の長女、



要するに私のマンマ、
の育てたローズマリー、
を漬けたオリーブオイル。



ふさわしい場合にふさわしい形で召し上がっていただきます。

カタシモワイナリーへ

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-09-15 Thu 04:34:35
  • ワイン
よく晴れた、というか九月半ばにして真夏日の柏原へ。
八時代の待ち合わせなのに、
先述のディックフランシスを読んでて興が乗り寝たのが五時。

着いて早々どういうわけか私一人だけ高井社長に導かれワイナリー内をあちこち。

8℃の部屋で凍えながら発酵中の甕からあれこれ試飲。

続いてセラー。



暗すぎてなんも見えませんが、
戦後から瓶内熟成中の一升瓶に入った葡萄酒。




瓶詰め工程のマシン一式は、社長自ら開発の企業秘密なので撮らんでくれ、と。

続いて樽。





箍の色が違うのは、樽の材質等見分けるため、だったはず。
何せ寝不足に二日酔いに猛暑、そこへできかけの泡やらワインをテイスティングで入れたので朧、駆け足のため早朝から作業中の藤丸さんにろくに挨拶もできず、高井さんなかなか疾風のようなお方(笑)

葡萄摘み開始。



肥えた蜂がブンブン飛んでおりました。





酒屋さん等総勢50名以上の人海で、
約1tの房がみるみるうちにコンテナへ。
この7割が概ねワインとなるそうで、
700kg、だからおよそボトル1000本てとこか。


終わって昼日中から打ち上げ、というか飲み会。

暑い。



ここが最も暑くて、
頭上に棚がない、ワインがなかなか回ってこない、来ても忽ち燗になる、
蟻も焼け死ぬ、という席に還暦のお歴々が。
失礼ながら可愛かったです、皆様。
あの、空瓶回収するので回して下さい~、て声がかりで、
「回しながら返さなあかんらしいで」
ボトルをコマのように回転させながら次々に受け渡してゆきます。
大阪でんな。







その他いろいろ戴きました。
それにしても暑かった。

中秋の名月

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-09-13 Tue 05:35:06
だったそうで。

すこしは涼しくなると、ばててた頭の中の、本読むペダルなども、
すこしは漕げるようになり。



小津安二郎戦後語録集成小津安二郎戦後語録集成
(1989/05)
田中 真澄

商品詳細を見る


ずいぶん昔に買った読み残しのある本。
年別の新聞記事などが網羅されており、
還暦でお亡くなりだったことに驚く。



魯山人味道 (中公文庫)魯山人味道 (中公文庫)
(1995/06)
北大路 魯山人

商品詳細を見る


読み返す毎に味わえる名著。

-鮎の肉とはちがって、これはもちもちとした鈍重な舌ざわりで、
しかも、その中に言いようもなく淡白で、調子の高いものが含まれている。
薄紅を誘って、ほのぼのとした白さをもち、大半透明なところで打ち止めている。
その肉の色を見ただけでも、食味の機能はおのずから動き出ようとする。-「洗いづくりの世界」より

妙に神格化されてむづかしいひとだと敬遠されているむきもありますが、
文章も内容も、とっつきは至って平易です。それでいて底味がある。
これはイワナについて、ですが、茶漬の項など小学生でも読める。
国語や道徳の教科書でこういうのを読むのも食育で、
すくなくともお代戴いてひとさまに料理をおつくりする者がわからないでは恥かしいし怪しい。



度胸 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-5 競馬シリーズ)度胸 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-5 競馬シリーズ)
(1976/07/25)
ディック・フランシス

商品詳細を見る


-なんどめだナウシカ
くらい、数年おきに手に取るディック・フランシスのうちの一冊。
60冊前後の著作、主人公の名と職はちがえど、筋運びと性格は金太郎飴の如く同一。
私の中ではたぶん老い先も「じゃりン子チエ」全巻と双璧の人生読本です(笑)。
だっておもしろいんだもの。



ある生産者からの手紙

  • Posted by: cuocovu
  • 2011-09-07 Wed 04:32:55
俊之へ


お腹の具合いはどうなりましたか.
夏はクーラーや冷たい飲み物で腸を冷やすので働きが悪くなりがちです.
ためしに「ホッカイロ」を1枚入れましたから昼でも夜でもへそ下3C
(小腸のあるところ 免疫が働くところ)に当ててみて下さい.
楽になります.低体温になっているかもしれないね.
体は手当てし、養って、めぐらすと、元気で生きられるように設計されているしね.

・オクラは、生でも日持ちするけど、ゆでて冷凍すると長く使えます.酢も
味つけするとよい.
・シソ.赤.緑.
・バジル
・ローリエ
・ローズマリー
・緑メロン(皮を先にむいて、2つに切り中のズを出す.スプーンを使う)
・梅干し(完熟梅は漬けるのがむつかしいけどおいしいね.1日1コは食べたいものだ.)
・トマト.今年最後.
・しょうゆまめ.
・にんにく.
・空芯菜.緑がきれいでシャキシャキ切って塩ゆでにして使う.

を送ります。

近況を長い電話して下さい.
まってます.


9月のお休み

毎週月曜と、

9.11(日)
9.25(日)
です。


9.11は、ご縁あってこちらでワインの葡萄摘んできます、仕事です。戦力になるかしら。

http://www.kashiwara-wine.com/



あいだの日曜日、3連休中日の18日は、月に1,2度ある、
jew'-ear

http://jews-ear.fem.jp/

※以下「保存しました」といわれて消えてて(何のダメ出しだ)、3度目の記述。



公開即興セッション、いつもどおり22:00~、no charge。
翌祝日なのもあり、初告知です。
素敵なバンドです。


先週の。



読み込みに時間要しますし、音質は生の1/1000ですが、
20分あたりでドラマーがビールをクピクピッと飲む映像、
25分あたりで、味をしめてアホになります。
で、28分あたりから展開、太鼓の神が降りてきて、本能と知力のすんばらしいプレイ。
が、始まったところで記録都合上は終了。
ここからまだまだあったのに。とても残念。

事件は現場で起こるのです。

Index of all entries

Home > 2011年09月

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。