Home > 2012年11月

2012年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ありがたいことで

周年を、初めて2daysで開催させていただいたのですが、
あにはからんや、おかげさまで、
今年は一等前後賞みたく当日以外にもおいで下さるお客様が二週に渡り、
連日なんだか3時は回っていたり、
あの世へ行ってる感満載で、
内臓の疲れが一週間以上抜けませんでした。


今年はお花を多く戴いた気がします。

花そのものも嬉しいのですが、
花を、当店にふさわしいようにミツクロッテくださったことになんと感謝を申し上げればよいのか。






気の利いたワインや、お八つ、ウコンの力、リース、などなどありがとうございました。
残っている物は、後日追記予定ではあります。

お手伝いくださった方々、DJしてくださった方々、演奏してくださった方々、いっぱい飲んでいっぱい食べてくださった方々、本当にどうもありがとうございました。

いつまで経っても祝われ慣れない身と致しましては、
初日開店前に、
ーもう帰りたい。
と呟く有様でしたが、楽しく完走できました。
宴の途中、場の空気感に、
ーあ、ゴールデンてこういうタイムのことなんだ。
と、むっつり合点が行ったり。


漸くこの世にもどれました。
通常モードにて、
今週の注目食材は、
あん肝、太刀魚、牡蠣、トリッパ、
Girasole Articiocco/菊芋、
などなどです。

お手元ではどうなっていますやら。
お楽しみに。

裏をみせ 表をみせて 散るもみじ

故緒形拳さんが金釘に書いた良寛のこの句が好きで、
20年前、玄関にハガキを貼っていたのを思い出しました。

はらはらと、
とか、
寂寞、
とか、

無用な感情の味は、ぜんぶ削ぎ落す。
世紀を超えて残る彫像に力があるのは、そこじゃないかしら。





当店右、旧厚生年金会館前の公園。






1/2days走破di3周年

晴れの似合わぬ主人なりにどうにか折り返し地点。

手短に。



重なって、久々に広背筋からふくらはぎに張り。

昼サンラータン戴きの、

終わってオアシスに寄り、

ー水で出来た水と米で出来た水と温かい汁を頂戴したい。

何を明け方に、料理談義。
あゝ、彼も私も、この仕事が好きなのだ。

のち梅雑炊に生姜梅酒。

脳が勝手に酢を求めるので、ままに。

どうにかなるのかならないのか。

なんであれどうあれ務めは果たすのがプロなので、
最近読んだ海外インタヴュー記事では、かつて宮崎駿さんは、制作の佳境に至って風邪なぞひきかけても、風邪のウイルスをこなくそと噛み砕きながらの心算で作品を仕上げておられたとのこと。





来年度はキャピトロ4周年とは言わず、

もう、第4回秋祭り。

で。



手短じゃないな。

感謝しつつ。


明日も動けるだけは作りたい。





本日の〆酒、奈良、八木酒造の、花札の梅酒。

おかげさまで三周年

11/9,10周年パーティです。
どうぞおいでくださいませ。

と、11/9の夕方に書いています。


なんちゃって弁当

  • Posted by: cuocovu
  • 2012-11-01 Thu 03:12:28



雰囲気もので。
さごしとうすあげを炙って和えたん。
手前晩酌。


それを内緒にしてみました。


Index of all entries

Home > 2012年11月

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。