Home > 2012年12月

2012年12月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

federico fellini's intervista

  • Posted by: cuocovu
  • 2012-12-26 Wed 06:26:26
  • 音楽
放置分の下書き原文公開、年の瀬の無礼講なおゆるしを、と。
10/06/29履歴


2年半前か…



-------

ScoreScore
(1999/03/30)
Intervista

商品詳細を見る


素晴らしいジャケット、素晴らしき哉 nino rota。
(これは御本人没後のなにかだったかと思うのだけれど)

途中でムード歌謡みたいなサウンドになってたりする。
もちろん、当時の日本の作曲家さんたちもこぞって参考にしていたから、
そう聞えるんだろうけど。


そのメロディーを口笛で吹くだけで、
一瞬で、ここがここではなくなってしまう。
この人のメロディーは、
なんなら「豆腐」とか「竿竹」や「チャルメラ」に近い。



-------





校正確認でamazonのページ行ってみたら、


中古品の出品:2¥ 116,182より


となっていました。





いやいやいやいや、
いかにもCD1枚廃盤で10万円超えは…

で、端数の6,182はなんだろう。
為替的ななにかかしら。

就寝前の驚愕は体によくない、とおもう。

ねこちやん

晩夏あたりだったと思う。
帰路、ふと目が合って。
自転車停めちゃって。
暫し立ち話して。





鞄の中に、丹波地鶏の肝が二枚、
帰って賄いにするつもりを思い出して、

プレゼント。

まず一枚あげた途端に、
どこからか突然、兄弟くらいの大きさの黒猫が現れて、
-オレニモワケテクレヨ!
-ヤラネ、ウセロ!
な、遣り取りするので、

-ある。もう一枚ここにある。見よこの肝。


-オオキニ。
なんて一言も云わず黒猫は肝を咥え側溝へ駆けてって、食い始めた。



わが母の記

  • Posted by: cuocovu
  • 2012-12-04 Tue 04:04:44
  • 映画
「クライマーズ・ハイ」や、知る人ぞ知る「KAMIKAZE TAXI」の原田眞人監督。

先に海外の映画祭で受賞もした、井上靖原作の「わが母の記」、
のカップリング作品のような形で2011にTV放送された「初秋」については、
昨秋、
http://cuocovu.blog76.fc2.com/blog-entry-219.html

に記させていただきました。


そんなあれで、
毎晩酒など嗜んでおりますと、年齢のせいもあるのか、
昨日も先週も去年も、まあそんな大差ない、
過去は過去でありまして、
そんなあれで時系列をちょっと勘違いしておりまして、
その、
あっちのアカデミー賞もこっちのアカデミー賞もいい加減はいい加減にせよ、
このテーマでこの仕上がりなら各賞総ナメだったろう、
と2012の受賞を調べても出てこないので、
驚いて嘆く前に気づいたのが、

-あれ、日本公開は今春だったっけ。

というわけで、
世評がどうなるやらは知りませんけど、
今年の国産公開映画で私が観たのは僅かこれ1本ですが、
これであってほしい。
皆忙しい。
忙しいのに、映画は溢れているのに、
わざわざ2時間費やして万来の拍手を寄せられる作品は僅かしかなく残念。

マイケル・ジョーダンを擁したシカゴ・ブルズの王朝時代、名将フィル・ジャクソンは、
-優れた選手を見出すのは、肥溜めの中から薔薇の香りを嗅ぎわけるようなものだ。
と言った。

シカゴ・ブルズ 勝利への意識革命シカゴ・ブルズ 勝利への意識革命
(1997/02)
フィル ジャクソン、ヒュー ディールハンティー 他

商品詳細を見る




残るものだから、20年後でもいい。
でも可能なら明日にでもTSUTAYAに足を運んでいただきたい。
Amazonでポチリならなお結構。


わが母の記 [DVD]わが母の記 [DVD]
(2012/09/08)
役所広司、樹木希林 他

商品詳細を見る





こういうスタイルの作品で、対面だけ整えた興行が既出過ぎてわたしたちは辟易している。
けど、これは氏素性が違う。
(こういう慣用句も、現世はマスコミだと疑問視されかねないんだろうなあ…)


これだけの作品を世に出した制作陣は多大な注目を受けるべきだし、
おそらく今季のツインズ西岡選手と比べて、報酬が全く見合っていない。
横の時間軸はどうでもいいんです、
縦の、せいぜい1世紀の映画史の時間軸の中で、
私はこれは傑作だと思います。



大抵あきれられるのですが、ここまで書くのに私は数時間を要しています。
毎度のろまな亀なのです。その亀があろうことか途中で兎のように寝る。

ということでまだ追記したいことはあるものの、酒が適量となりました。
明日の営業に差し支えぬよう、
一旦これにて。





12月の営業日

あれあれと、暦と外気だけはもう師走とのこと。



通常は日月休み、祝日は営業です。



今年はクリスマスイヴが日月に掛かっているのが厄介です。
洋食店として、まさかのイヴ休みます、をやってみたい衝動がこれくらいあるのですが、…オトナとしてどうすべきか、あまり考えずに寝かしてみます。


現在の確定事項は、
22日と28日は貸切となっております。

29日は当店の忘年会です、
どなた様もわいわいとおいでくださいませ。料理はほぼ仕込みものでご了承ねがいたく、
盟友jew’s-earさんのライブの前後、
私は久々にDJを、
キュートで奇妙なパーティ・ミュージックを、好きな酒を呑みながら、暮れます。の心づもり。





輝ける洗い物。

Index of all entries

Home > 2012年12月

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。