Home > スポンサー広告 > 2009.05.14 笹舟

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

りょうこ URL 2010-09-02 Thu 13:27:37

人生みたいですね。

↓なるほど。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://cuocovu.blog76.fc2.com/tb.php/137-2c9b54fc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from capitolo 2 : civetteria o dandismo(キャピトロ・ドゥエ:チヴェテーリア・オ・ダンディズモ)

Home > スポンサー広告 > 2009.05.14 笹舟

Home > アーカイヴ > 2009.05.14 笹舟

2009.05.14 笹舟

ちいさい頃たまに作って小川に流した。
あれ国が地面や川を、ぜんぶアスファルトとコンクリにしてまえ、
という暴挙に出る昭和までは、
平安時代でも子供はやってたんじゃないか。

笹舟はまずすいーっと流れる。
すいーっと流れるところに置くからだ。
上手くいくと、どんどん流れに乗って、
小走りじゃないとついていけなかったりする。
すぐ川端に垂れた草やなんかに引っかかって泊まることもある。
棒切れでつつくなり、つつかず水の流れでふと動き出すのを待つなり、
それはその時々の妙味。
なんか渦の中に入って、ぐるぐるぐるぐるし始める時もある。
ぐるぐるぐるぐるは、これはたいてい当分ぐるぐるぐるぐるなので、
放っておいた方がいい。
小川でも、板を嵌め込んだようなちいさな堰が途中にあったりする。
大河に見立てて眺めていると、結構アトラクションで、
飲み込まれて、しばらくすると出てくる。
連れと2艘でレースなんかしていると、
それまでのリードが、滝(堰)突入後逆転していたりする。
小川が通学路から外れたり普段の遊び場から遠ざかっていくあたりでだいたい見送った。

で、寝しなに思ったんだけど、
笹舟は流れたり泊まったりしながら、その日もその夜も次の日も流れる。
いつかは海へ出ている。
朽ちるまでは浮かんでいる。
だとすると、平安時代からこのかた、瀬戸内だけでも何万艘の笹舟が三々五々に集結していたのだ。
それに、ちいさな兵が乗って、源平の壇ノ浦の戦いやレッドクリフみたいなことをしていたと思うとちょっと興だった。

Comments: 1

りょうこ URL 2010-09-02 Thu 13:27:37

人生みたいですね。

↓なるほど。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://cuocovu.blog76.fc2.com/tb.php/137-2c9b54fc
Listed below are links to weblogs that reference
2009.05.14 笹舟 from capitolo 2 : civetteria o dandismo(キャピトロ・ドゥエ:チヴェテーリア・オ・ダンディズモ)

Home > アーカイヴ > 2009.05.14 笹舟

タグクラウド
リンク

Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。