Home > よもやま > ねこちやん

ねこちやん

晩夏あたりだったと思う。
帰路、ふと目が合って。
自転車停めちゃって。
暫し立ち話して。





鞄の中に、丹波地鶏の肝が二枚、
帰って賄いにするつもりを思い出して、

プレゼント。

まず一枚あげた途端に、
どこからか突然、兄弟くらいの大きさの黒猫が現れて、
-オレニモワケテクレヨ!
-ヤラネ、ウセロ!
な、遣り取りするので、

-ある。もう一枚ここにある。見よこの肝。


-オオキニ。
なんて一言も云わず黒猫は肝を咥え側溝へ駆けてって、食い始めた。



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://cuocovu.blog76.fc2.com/tb.php/268-da9dbeb8
Listed below are links to weblogs that reference
ねこちやん from capitolo 2 : civetteria o dandismo(キャピトロ・ドゥエ:チヴェテーリア・オ・ダンディズモ)

Home > よもやま > ねこちやん

タグクラウド
リンク

Return to page top