Home > よもやま > 梅という花

梅という花

今年早い桜の花見会のご案内は近日中に、
まぁ4/6午後3時から、とだけひとまず。


梅を少々、よくよく見て参りました。

















なんというか、
桜が咲き誇るとは聞いても、
梅は、誇らないかんじ。
いや桜の華はもちろん素晴らしいんですが。

純朴。乙。寿司桶でいう竹。
前座感。昭和。
綿とか毛。
かつて名をなした地方都市の街観。

これは何かしら、甥や姪を可愛く思う距離感に相当する気もします。
一人息子だったので、甥も姪もおらんのですが。

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://cuocovu.blog76.fc2.com/tb.php/293-73164656
Listed below are links to weblogs that reference
梅という花 from capitolo 2 : civetteria o dandismo(キャピトロ・ドゥエ:チヴェテーリア・オ・ダンディズモ)

Home > よもやま > 梅という花

タグクラウド
リンク

Return to page top